株を始めようと思って株について検索しても専門用語がどんどん出てきて情報が整理しきれなくなる方が多いと思います。実際に調べてみると自分の抱いている株のイメージと違う取引方法もあり、モチベーションが下がってしまうこともあります。今回は株について簡潔にまとめているので、参考にしてみてください。

株売買のやり方、株式とは何か?

赤と青の色鉛筆のグラフ

会社が活動していくためには、設備や商品、サービスを提供するためにお金が必要です。
銀行から融資も受けたりしますが、大量に資金が必要なときはそれだけではまかなえません。
会社は活動するための資金を集めるために株式を発行します。
発行された株式は、投資者が購入することで会社に資金が集まるのです。
株式は、株主がその会社に出資したことの証明です。

こういった会社は、株式会社と呼ばれ株主で構成されています。
株主になると会社が利益を上げたときに、その一部を受け取る権利をもらいます。
株主はこの利益還元を期待して出資を行います。
会社のオーナーのような存在のため、会社の経営方針や役員の人事などにも意見を出すことが可能です。
会社は、多くの投資家から資金を集めるために、広く自社の事業を世間に知ってもらう必要があります。

発行された株式は、広く一般の投資家から資金を集めるために取引所に上場します。
上場することで、株売買が市場でできるようになります。
株売買のやり方は、その銘柄が上場している市場に注文を出します。
市場は複数あり、銘柄によって取引できる市場が違います。

株式を購入するやり方は、銘柄と株数、購入したい株価を注文に出します。
注文した内容で売りたい人がいれば取引が成立します。
売却したいときも同じやり方です。
株式会社は全てが上場しているわけではありません。
未上場の株式を、一般の投資家が売買するやり方は基本的にありません。
上場していないのは、一般の投資家から資金を集める必要がないからです。

投資家は利益還元を期待するだけなく、株価の値上がりを期待して購入します。
基本的な売買のやり方は、株価が安いときに購入して高くなったら売却します。
株売買には相手方が必要なので、購入したい人が多くいる銘柄は株価が上がります。
逆に売りたい人が多い銘柄は株価が下がります。
株式投資は資金が減ることがあるため、リスクを十分理解してから行う必要があります。

初心者向けの株取引の流れについて紹介

株取引をするためには、証券会社で口座開設が必要です。
どの証券会社で購入しても銘柄に違いはないので、自分が使いやすいところで大丈夫です。
口座開設ができたら口座に入金をしておきます。
すぐに売買しなくても、入金しておくと購入したい銘柄が希望の株価になったときにすぐに取引できます。
注文を出して成立をしたら取引完了です。
株やお金の受け渡しは4営業日後なので、取引が成立した日から株主になるわけではありません。

上場している銘柄は多くあり、その中から銘柄を選んで投資をします。
投資情報は、色々なところから入手できます。
全部の銘柄の情報が記載してあるものとして四季報があります。
入手した情報を元に銘柄を選定して売買のタイミングを決めます。
証券会社によっては、営業員が銘柄案内やアドバイスをしてくれますが、どんな場合でも最終決定するのは自分自身です。
営業員が勝手に売買することはありません。

株価は市場があいているときは基本的に常に変動をします。
株価は、売り手と買い手の需給の関係で変動をします。
需給関係が変わるのは、景気の変動による経済指標の数字などによります。
相場全体の株価の動きは景気や経済指標ですが、個別銘柄は企業の業績なども要因になります。

株取引をするにあたって色々な専門用語が出てきます。
難しい内容もありますが初心者の場合、取引に必要な用語を理解していれば大丈夫です。
株売買をしているうちに徐々に難しい用語も理解していくと、株価の予測などにも役立てられます。
いきなり取引をしにくい場合は、証券会社によってはデモトレードができます。
お金を使わず、実際の取引の感じを体験できます。
分からない専門用語が出てたら、証券会社のホームページなどに解説が記載されています。