株を始めようと思って株について検索しても専門用語がどんどん出てきて情報が整理しきれなくなる方が多いと思います。実際に調べてみると自分の抱いている株のイメージと違う取引方法もあり、モチベーションが下がってしまうこともあります。今回は株について簡潔にまとめているので、参考にしてみてください。

株取引はスマホを使っても行えます

スマホで株取引している様子

現代の株取引はインターネット上で行うネット証券が主流であり、パソコンを使って大きな画面を利用し多くのモニターを閲覧しながら行う方が多く居られます。
しかし、インターネットを使って取引できるという事は、スマホを使ったやり方も不可能でありません。
実際に、証券会社の中はスマホで取引ができるアプリを提供している所もあります。

スマホを使った株取引のやり方は簡単で、単純な操作で素早く取引ができるようになっています。
アプリのインストールも簡単ですから、証券会社が提供しているアプリに対応している機種やOSのスマホを持っているのならすぐにネット証券を始められるでしょう。

ネット証券で株取引を行う方法としてパソコンを使う方法が確立されているのに、なぜスマホを使う必要があるのかと疑問に思われるかもしれませんが、スマホを使った取引にはパソコンを使ったやり方とは違うメリットがあります。

例えば、株取引をいつでもできる事です。
証券取引所が開いている時間帯であれば、携帯性という長所を活かしていつでもどこでも株取引が可能になります。
例えば、休憩時間中に取引を行う事もできるので、ちょっとした時間があれば投資活動を行う事ができます。

必ずしもスマホだけで行う必要はなく、パソコンと併用する事も可能です。
自宅に居る間はパソコンを利用して買い注文を入れて、外出先ではスマホでチェックして売り注文をするといった方法にも利用できます。
状況によって使いやすい端末を使えば良いので、環境に左右される事無く株価をチェックしたり売買の注文を入れたりできるでしょう。

このように、ネット証券に対応した証券会社であればスマホを使った株取引が可能です。
利益を得る為に必要な情報はいつ得られるかわからず、場合によっては一分一秒の違いで利益の額が大きく変わる事もあります。
取引に有利な情報だとわかった時にすぐスマホを使ってネット証券で売買ができる事は、パソコンだけを使って取引をするのに比べて有利な状況を作りやすくなるでしょう。

株取引はスマホだけで行うのはNG

スマホを使った株取引にはメリットがありますが、スマホだけで株取引にはデメリットが多い事は否めません。
例えば、画面が小さいという点から情報を得にくいというデメリットがあります。

株式投資は様々な情報に注目して、一分一秒を争う注文を行う事があるシビアな投資分野です。
この為、重要な情報は常に表示しておき、注文を出すべきと判断した瞬間に素早く注文をする必要があります。
スマホは特定の情報をチェックするには便利ですが、多数の情報を同時に表示するには不向きです。
情報面で不利になってしまいがちな端末ですから、スマホだけで株取引を行うのは難しいでしょう。

自宅で取引をする際も、パソコンを利用する方が便利です。
パソコンのメリットである大きな画面を利用できますし、バッテリーもコンセントから常に充電できますからバッテリーの減り具合を気にする必要もありません。
落ち着いて情報収集や取引ができる事は、売買の決断を冷静に行える事に繋がります。

パソコンに比べて故障しやすいという点も、デメリットとして把握しておくべき事です。
パソコンは自宅に置いておき基本的に動かしませんが、スマホは日常的に携帯して頻繁にポケットから取り出す物ですから、思わぬ形で落としたり水没させてしまったりする場合があります。
スマホが使えなくなると売り注文も買い注文もできなくなり、その間に大きな値動きがあった場合は対応できない事になる事を忘れるべきではありません。

スマホを使ってネット証券で株取引を行う事は、イメージとしてはスマートで利便性が高そうに見えます。
しかし、実際に行ってみると画面が小さくて情報収集ができない場合や、故障のしやすさから安定した利用が難しかったりとデメリットがあるのが実情です。
パソコンとスマホと両方のメリットとデメリットとを考えて、お互いを補うように利用する事が賢明な判断になります。