株を始めようと思って株について検索しても専門用語がどんどん出てきて情報が整理しきれなくなる方が多いと思います。実際に調べてみると自分の抱いている株のイメージと違う取引方法もあり、モチベーションが下がってしまうこともあります。今回は株について簡潔にまとめているので、参考にしてみてください。

株主優待は生活を便利にします

近年では銀行の預金では金利がほとんどつかなくなったため、資金を株式などの投資に回す人が増えてきました。
中でも初心者に人気なのが、株主優待が充実している銘柄に投資する方法です。
株式を保有している人に対して、企業側が何らかの商品やサービスを提供することを言いますが、この株主優待はただ自社製品がもらえるだけというわけではなく、選び方によっては生活がとても便利になることもあります。

例えば、スーパーなどの小売店の株を保有していれば、店舗で使えるクーポン券がもらえたり買い物金額に応じてキャッシュバックが受けられたりします。
スーパーなどの普段の買いものではよく利用するものなので、株式を購入してみると節約にもつながるかもしれません。
飲食店などについても同様です。
よく利用するカフェなどの銘柄を保有していれば、お店を利用する際に便利です。

また、生活に必要な消耗品やなどを株主優待の商品としている企業もあります。
製紙会社であれば、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの自社製品が送られてくることもあります。
日々の生活の中で必ず使用するものですが、買い置きしておくのを忘れたりかさばったりするので買いに行くのが面倒になってしまうという方も多いと思います。
そんなときに株主優待の商品として送られてくると大変便利です。

製品を作っている企業でない場合は、図書カードやクオカードが送られてきたり、お米が届いたりする場合もあります。
本をよく読むという方にとっては図書カードは重宝しますし、お米を買いに行くのが重くて大変という方には、お米が送られてくるのはとてもありがたいものです。

株主優待とひとくちにいってもその内容は企業によって様々です。
銘柄の選び方としては自分の必要なものを商品としている企業を探してみると、毎日の生活がとても便利になります。
予算の中でうまく組み合わせれば、複数の銘柄を購入することも可能です。
まずはしっかりと下調べをして銘柄を選ぶことが重要です。

人気の株主優待はどれ?

株主優待を目当てに株式を購入する人が増えてきていますが、中でもおすすめなのはどのような業種なのでしょうか。
株主優待の内容ももちろん重要ですが、それ以上に重要なのがどれくらいの金額で購入できるかということです。
株式投資の初心者にとっては、あまり高額をひとつの銘柄に投資するのは勇気がいるため、数万円から数十万円くらいで買えるものが人気ランキング上位を占めており、おすすめの投資方法です。

株主優待の人気ランキングにおいて上位にランクインしているのは、やはり生活に直結している企業です。
小売店や飲食店がそれにあたります。
普段の買い物や食事で使えるため、株主優待の商品が送られてきても使わずに期限が切れてしまったということになりにくいですし、使う頻度が高ければお得さの度合いも高いからです。
権利確定日までに購入すれば株主優待を受けられ、銘柄によって確定日は異なります。

また、株主優待の内容だけでなく、年間の配当利回りが高い銘柄も人気があります。
配当利回りとは、権利確定日に株式を保有していた人に企業が利益の中からいくらか還元するもので、金利のようなものです。
1株あたりいくらという算出方法ですので、保有株式数が多い人ほど配当金がたくさんもらえるという仕組みです。

株の配当金は、業績が良ければたくさん出ますが不景気などで業績が芳しくないと引き下げられることもありますし、その逆で業績がよければ配当金が引き上げられることもあります。
年間の配当利回りに合わせ、株主優待の内容も充実している企業となると探すのは大変ですが、事前にきちんと下調べをして株式を購入することで毎日の生活が便利になりますし、節約にもつながります。