株を始めようと思って株について検索しても専門用語がどんどん出てきて情報が整理しきれなくなる方が多いと思います。実際に調べてみると自分の抱いている株のイメージと違う取引方法もあり、モチベーションが下がってしまうこともあります。今回は株について簡潔にまとめているので、参考にしてみてください。

初心者向けの株取引のやり方について

ビジネスマンの男性が¥マークを持っている

株式投資を始めようと考えているかたや、始めたもの今一つ取引が上手く行かないと悩んでいる方は、株取引の基本的なやり方を押さえる事が大切です。
実際に売買の注文をして学べる事は多くありますが、投資資金を損しながら学ぶよりも、他人の経験や体験から導き出された基本を学んでから行う方が賢明な選択になります。

例えば、株取引のやり方の基本として外せない事に、投資する銘柄選びがあります。
証券取引所で売買される銘柄は数多くありますが、全ての銘柄が同じように値動きしている訳ではありません。
日時によって、株価が上がる銘柄と下がる銘柄はバラバラですし、売買のチャンスが多い銘柄も少ない銘柄もあります。
この為、株取引で利益を上げやすい条件を備えた銘柄を選んで取引を行う事が重要です。

有望な銘柄を発見したら、株価が安い時に買って高い時に売るという基本的な作業を行う形になります。
ただし、実際は様々な要素が絡み合って複雑なものですから、機械的に売買を続けて利益を上げられる訳ではありません。
初心者にとっては敷居が高く感じられるかもしれませんが、ある程度決まったやり方があるので、初心者は定番の投資方法を試してみる事も有効です。

取引自体が初めてという方は、株を長く保有する事が不安に思える時期にあります。
この場合は、多数の投資家が活発に取引を行っている銘柄を選んで取引をしてみると良いでしょう。
チャートを見ると、株価が目まぐるしく上下している事がはっきりわかります。
上下するチャートをよく見て、安い値段で1単元だけ買い注文を入れましょう。

購入できたら少し高い値段で売り注文を入れます。
よほど不安定な値動きをする銘柄でなければ、この方法で数百円の利益が得られます。
安く売って高く売る事で利益が得られると、体験の形で把握できるでしょう。

既に取引は済ませているものの、上手く取引ができず利益が上げられない場合は、市場から過小評価されている株を狙うのもおすすめです。
株取引のプロがあまり着目していない投資方法であり、初心者でも比較的利益を出しやすいやり方になります。

投資した資金を回収するまで少し長い期間が必要になり、初めの内は期待したほど投資に成功できないかもしれませんが、経験を重ねる事で勝ちパターンを作りやすいやり方です。
投資を始めた後、順調に成長していく方法としても有効な投資方法になります。

初心者におすすめな株銘柄の選び方

株取引の初心者の内は、こういった銘柄が良いという条件を示されても中々見分けがつかない場合があります。
そこで、初心者が投資を行って利益を得ていくには、投資しやすい銘柄についてより深く知るべきです。

まず、知名度の高い銘柄は初心者が投資を行いやすい銘柄になります。
知名度の高い銘柄は大企業や、社会にとって必要性の高い技術を持つ企業であり、倒産したり株価が急落したりするリスクが少ないという利点です。

デイトレード等でも人気の高い銘柄は知名度の高い銘柄であり、証券会社が提供するランキング情報でも常に上位に食い込んでいます。
売り注文も買い注文も多く、注文したものの一向に取引完了を知らせるアラームが鳴らないという事態は起きにくいでしょう。
株式投資の仕組みを体験したり、実際に利益をあげて投資とはこういう物であると理解したりするのに役立ちます。

ただし、知名度の高い銘柄には落とし穴も多い事を把握しておくべきです。
例えば、知名度が高く配当金が充実している銘柄の値動きに注意しましょう。
配当金は権利確定日に一定の株を入手していれば、受け取る事ができます。
この為、権利確定日が迫っている企業の株は株価が上昇しやすく、この需要を狙って利益を得ようとする投資家も存在します。
このように、株価が高まりやすい時期にある時は購入を避けるべきです。

株価は常に上下を繰り返していますが、思い通りに株価が安い時期に購入して、高い時期に売れるというものではありません。
初心者の内は尚更株価に振り回される期間が続きますが、経験を得たり学習を繰り返したりする事で、利益を得られる機会は増えていきます。
どの企業の株を選べば良いかも分からない時期を乗り切れば、比較的安定して利益を得られる時期に入っていくでしょう。