株を始めようと思って株について検索しても専門用語がどんどん出てきて情報が整理しきれなくなる方が多いと思います。実際に調べてみると自分の抱いている株のイメージと違う取引方法もあり、モチベーションが下がってしまうこともあります。今回は株について簡潔にまとめているので、参考にしてみてください。

不要なジュエリーの買取で資金を作る

最近はFXやネット証券・仮想通貨取引サービスなどを利用することで、誰でも手軽に投資に参加することができるようになりました。
インターネット取引は手数料が安いので、数千~数万円程度の少ない資金でも投資に参加することが可能です。

インターネットを利用すれば誰でも手軽に投資に参加することができますが、投資を始めるためには資金が必要です。
実は、貯金をしなくても誰でも簡単に投資をするための資金を作る方法があります。
それは、使わないで家の中で眠っている不要な物を売ることです。
何年も使用しないで保管されている物品の中には、貴金属やダイヤモンドのジュエリーがあります。
買取専門店を利用すれば、不要なジュエリーを売って投資のための資金を作ることができます。

金やプラチナなどの貴金属を含むジュエリーを買取専門のお店に持ち込むと、含まれる金属の重量とその日の相場に応じた金額で買い取ってもらうことができます。
金を含む製品であれば壊れたジュエリー、万年筆のペン先、使用しなくなった金歯なども換金することが可能です。
ちなみに買取専門店に持ち込む場合、1gあたり3千5百円前後で買い取ってもらえます。
細いネックレスでも3~4g程度の重量があるので、1万~1万4千円程度で換金ができます。

プラチナを含むジュエリーも刻印や鑑定書が付いていれば、買取専門店に持ち込むと高値で買い取ってもらうことが可能です。
プラチナも高価な貴金属なので、少量でもある程度のお金を作ることができます。
エックス線分析装置を持っているお店に持ち込めば、刻印が付いていないプラチナのジュエリーも換金することができます。

貴金属以外にも、ある程度の大きさ・品質のダイヤモンドであれば宝石鑑定士が在籍しているお店で売却ができる場合があります。
宝石と貴金属の買取サービスを利用すれば、使わないで家で眠っているジュエリー売却することで簡単に数万円程度の投資用の資金を作ることができます。

高く売れるジュエリーとそうでないジュエリーの違い

金・プラチナ・ダイヤモンドのジュエリーを買取専門店に持ち込むと買い取ってもらえますが、高く売れるジュエリーとそうでないジュエリーがあります。
一般的にスクラップ金属として再利用する場合には重量と相場で、宝石をリサイクルする場合は鑑定士が石の価値を判別して金額が決められます。
ただし一部のブランド物のジュエリーはリサイクル用の素材ではなく、中古の製品として高価で売却ができる場合があります。

中古ジュエリーを高値で売却ができる条件ですが、有名ブランド物でイニシャルなどの刻印が施されておらず、修理をしなくても使用可能な状態であることです。
仮に日本国内で人気が低いデザインでも海外で高く売れる可能性があるからです。
ただし使用可能な状態のブランド物のジュエリーでも古い製品はデザインが陳腐化してしまっているため、スクラップやリサイクル素材の価格でしか買い取ってもらえません。

再利用の素材としてジュエリーの買取サービスを利用する場合にはどこのお店でも買取金額に大きな違いはありません。
これに対して中古品として買い取ってもらう際は、お店によって査定金額に大きな差が出ることがあります。
家の近所に複数の買取専門のお店があれば、一番高く査定してもらえる店を利用することができます。
出張買取サービスを利用する場合は、高い値段で査定してもらえるお店を探さなければなりません。

ブランド物の中古ジュエリーを高価で買い取ってもらうお店を探す場合は、インターネット上の口コミサイトなどを活用しておすすめのお店を探すことができます。
買取専門店でも得意不得意分野があるので、種類ごとにおすすめのお店は異なります。
実際に買取サービスを利用した人の口コミなどを調べれば、手持ちのジュエリーを高価で売却できるお店を探す際に役立ちます。